カムイの気持ち

ビジュアル系とは?

一昨日のテレビ朝日の深夜番組、『関ジャム』の‘ビジュアル系’特集は面白かったです♪

私は特にビジュアル系が好きってわけではないんですが、
ラルク・アン・シエルだけはめっちゃ好きなので、
もしかしたらラルクの話が聞けるかな…と淡い期待を抱いて録画予約して今朝観てみました。

…が、
やっぱり一言も触れてませんでした

ゲストが、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔とダイゴと他、ちょっと忘れましたが…
ダイゴはhydeと親しいのでちょっとくらい語ってくれるかなぁと思ったんですけどね。
ラルクはビジュアル系に括られるの嫌だっていいうのを聞いたことがあるので、
番組側が忖度して触れないことにしたんですかね。
昔、NHKの『ポップジャム』で司会の爆笑問題と色々ありましたもんね。

それはまあ残念でしたが、
色々懐かしい面々が見れて楽しかったです

私はビジュアル系の走りはバクチクだと思っていますが、
Xの方が先だったんですかね?よく知らないんですが…
私がビジュアル系を意識し始めたのは95年頃で、
派遣で仕事に行っていた会社の正社員の女の子がビジュアル系が好きでインディーズの追っかけとかもしてて、私がハードロック系の追っかけしてるのを知って仲良くしてくれたんです。

で、ルナシーも好きだったらしく、
私にPVがたくさん入ったビデオを貸してくれたんですけど…
私はビジュアル系はそんなに興味がないので観るのがちょっと辛かったです
頑張って全部観ました。
インディーズのCDも貸してくれたんですが、
詞の内容がダークで死や血の臭いのするもので、
「ビジュアル系ってこういう世界なんだ」…と理解しました。

丁度その頃メジャーの世界にもグレイやラルクが進出してきて私の偏見はなくなっていきました。
だって、よく聴いてみると意外とポップだったり、美しいメロディだったりして、
外見とは関係なくいい音楽はいいんだと思うようになりました。

最近は新しい音楽自体をあまり聴いていないんですが、
まだビジュアル系を引き継いでいる人たちはいるみたいですね。
ラップやブラックミュージックの方が主体の中で何とか頑張って残っていってほしいです


ルナシー自体はそんなに好きではないですが、この「gravity」という曲は大、大、大好きです
これが主題歌だった『アナザヘブン』も大好きなドラマでした
とってもいい曲だし、河村隆一の動きがちょっと面白いので観てみてください♪

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本のビジュアル系の走りは「一風堂」では?
(ラーメン屋ではないですよww)
70年代後半から80年代前半に「JAPAN」というイギリスのバンドがあったけどビジュアルも音楽も凄かったなぁ~

小龍 | URL | 2017/10/15 (Sun) 17:22 [編集]


Re: タイトルなし

>小龍さん

ほんとですね!
一風堂の方が早いですよね!
「すみれセプテンバー」好きだったなぁ。

JAPANも美しかったですが、イギリスで走りって言ったらやっぱりデビッド・ボウイですかね?
そうそう!
NHKの「ごごナマ」にデュラン・デュランのジョンとテイラー(だったと思う)が遊びに来てびっくりしましたよ!!

碧の流星 | URL | 2017/10/16 (Mon) 15:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)