カムイの気持ち

フランスフェア2017とモードの世界Ⅱ

モードの世界1

1994年に大丸ミュージアム・梅田にて、
毎日新聞社主催で「アール・デコの世界」という展覧会が行われた時のカタログです。
いくらで買ったか覚えていないのですが、上質の紙で200ページ近くあるので数千円したと思います。
ファッションが苦手な私の参考になると思い購入しました。

1910~1930年辺りのファッションやアクセサリーの展覧会で、
当時のファッション雑誌に載ったであろう人気のイラストレーターによるファッションプレートや、
実物のドレスやバッグが飾られてとても素敵でした。

以前の記事にも書きましたが、英国TVドラマ「ダウントンアビー」の時代と合っていて、
貴族令嬢のメアリーやイーディス、ローズが着ていそうな服です。
ハイウエストで縦長のイメージのデザインで、柄も小花が可愛かったり、昆虫とかもあったり、かと思えば幾何学模様のテキスタイルもあったり…で、この頃からデザインの幅も広がったようです。

その中でも私が一番気に入っているモード・イラストレーターが、ジョルジュ・バルビエ
モードの世界6

演劇の衣装などもデザインされていたそうですが、
この頃のモード・イラストレーターとしては最も人気が高かったようです。

モードの世界5

ドレスは宮廷風ですが、髪型も含めどこか斬新です♪

モードの世界4

このコートドレスはすごく素敵で、こんなの着て歩いたら誰もが振り向くでしょう♪
運転手は昔のトム?

モードの世界3

ちょっとぼやけて申し訳ないですが
この上記のファッションプレートは、フランスフェアにありました
わぁ…と、手に取ろうとして、「¥80,000」の額に手を引っ込めました(ぴったり8万円ではなかったです)

額に入って「オフセット」と書いていたから印刷だと思うけど…高過ぎる
やっぱり見てるだけです。

モードの世界2

これなんか、A2かB2くらいの大きさでしたが、「¥480,0000」と値段が貼ってました
あ~私、カタログ買っててよかったなぁ…と思いました
元は葉書大くらいの小さなイラストが、画廊の手になるとこんなに高値になるんですね…
私の絵も将来このくらい高値になってほしいので頑張って描こうっと!
それにしてもお洒落で可愛い絵です

カタログの中にはもっとたくさんのイラストレーターの絵が載っていて、

モードの世界7

これは、ウンベルト・ブルネレスキの絵ですが、メチャクチャ可愛いです
やっぱフランスは日本と並ぶ漫画・イラスト大国の地でもありますね。

モードの世界8

左上、A・ペクール
右上、シャルル・マルタン
左下、右下、フランシスコ・ハピエル・ゴゼ

右下のは宝塚歌劇っぽいです♪

日本でも、「モボ・モガ」の頃はこんな感じだったんですよね。
また流行らないかなぁ。
「ダウントンアビー」のイーディスが着ていたような服が着たいんですが…
その前に、体形をスラッとした縦長にしないといけないようです

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)