カムイの気持ち

念珠が切れる時

念珠が切れた―と言っても…

念珠だって経年劣化で切れることもある。
携帯ストラップに取り付けられたものだったら、そこを持って引っ張ったりするから尚更である。
しかし…

タイミングと状況というものが重なった時、気にしてしまうのは仕方ない

以前、山梨の宝石博物館で買った水晶のブレスレットが切れた時はそんなに気にならなかった。
買ってから時間が経っていたし、替えのゴムを付けてもらっていたので自分で修繕して今も持っている。

切れてしまった念珠と言うか…御守りは、母からもらった物で、
母が入ってる新興宗教の経典を模したものにパワーストーンなのかガラス玉なのかがブレスレット状になっているもの。
経典は嫌だが、ピンクのビーズが可愛いので携帯に付けていた。
もう2,3年になるが全然取れそうな感じはなかったのに…

先日の連休に初めて実家に泊まりに行った。
実家と言っても、
私が家を出てから同じ市内の別の場所に引っ越しした家で、私には他人の家に等しい。
もう10年以上になるがなんかなじめなくて一度も泊まったことがなかった。
なので、未だに物の在処も使い方もわからない
それではいけないと思い、やっと先日泊まったのだが…

私は仏間に寝るのかと思ったら、母が仏間にずっと寝ているのだと言う。
そう言えば、母はよくベッドから落ちたり、変な夢を見ると言っていた。
一番酷いのが、
亡くなった親戚がベッドの周りに集まり母をどこかに連れて行こうとする。
そして実際に母は眠ったまま部屋を出て行ってしまい、それに気付いた姉が慌てて探しに行ったら、母はマンションのエントランスまで行っていたというのだ。夢遊病なのかそれとも認知症の始まりかと思い、家族はかなり心配した

最近はそんな話は聞いていないが、自分のベッドは寒いし落ちるのが怖いので仏間で寝るのだと言う。
その母のベッドに私が寝るのか…

ちょっと嫌だなぁと思ったが、
仏間に寝るのも怖いと思っていたので「もうどっちでもいいわ」と、母のベッドで寝ることにした。
私はいつもの習慣で、
寝ながら携帯で某巨大掲示板のニュース速報をを読もうと、電気を消して布団にもぐり込んだ。

その瞬間…パラパラと顔に何かが降りかかってきて飛び起きた
電気点けるとストラップのピンクの玉が散らばっていたのである。
何というタイミング…と、心臓をバクバクさせながら玉を拾い集めて何とかつなぎ合わせようとしたが駄目だった。
まさかそんなオカルト的なことはないと思うけど、万が一にも身代わりになってくれたのなら…と、その切れたままのストラップと玉を枕元に置いて寝直したのだが…どうにも眠れない
そうするうち、上の階?の足音が気になり、変な低周波の音もしてきて、やっぱりこの部屋は眠るのに適しないと思った。
足音と変な低周波音は1時過ぎくらいには収まったが…

そのことを翌朝、母に話したら、「悪いことを考えるんじゃないの!」と怒られた。
そりゃ、自分の部屋だからいい気分はしないだろう。
私もただの偶然と思ってるが、やっぱりこの家にはなじめんわ…と早く帰りたくなった。

なにせ、
この家は至る所に宗教的呪術物が置かれている。
一つだけの宗教ならまだしも、母と姉それぞれが別々のものを信仰していてぶつかりあってる
一応、入居する時に占い師に見てもらって誰がどの部屋に住むと幸運になるのかまで考えて入ったはずなのだが…
この部屋に住むと結婚が近くなると言われた妹は今はもう出て行って未だに独身だし、
母は自分の部屋で寝ないし、姉の部屋は観音様の絵が枕元に貼ってて怖いし…
特に一番嫌なのが、リビングに飾ってるカレンダーの写真。
教祖様が胸で交差した両手首には高価そうな腕時計…
(これって信者のお布施で買ったんだろな…なんでカモになってるのに気づかないんだろう?)

自分の家に帰ってきてホッとした

それにしても、
切れたストラップ…捨てるべきか?
それとも、アクセサリーのビーズとして再利用してもいいかなぁ?

切れた念珠


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まだ大切に使われたほうがいいと思います。
物を大切に使う意識、姿勢は
きっといい影響をご自分の心にも
及ぼすのではないでしょうか。

捨てるのはいつでもできるかと。

もこ | URL | 2017/01/21 (Sat) 21:40 [編集]


Re: タイトルなし

>もこさん

そうですね、捨てるのは勿体ないし再利用することにしますe-68
丁度、ビーズの髪留めを作ろうと思ってたところなので。
何でも再利用してエコな暮らしを心掛けたいですe-287

碧の流星 | URL | 2017/01/23 (Mon) 11:56 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)