カムイの気持ち

懐かしのペンションに涙する

20ン年前、初めてペンションというものに泊まった。
ペンションには寝巻がないというのも初めて知って慌てた。
でも、居間には暖炉があり、泊まった客みんなで夜はダーツなどをしてくつろぐ。
オーナーの作る料理が美味しくて感激♪
スイカのムースには種も入っていて、それでも感激した。
帰る時には希望者に薔薇の根株の付いたものをプレゼントしてくれた。(私はもらわなかったことを後悔

その懐かしのペンションを探して歩いていたら…

清里ペンション

あった、あった!「OLD AGE」。
この緑色のガラステラスになってる部屋で夜、ビュッフェパーティしたんだわ!
2階にあるそれぞれの部屋も素敵だった~懐かしいなぁ♪
この日は残念ながら貸切で、ランチはクローズしていた(どこまでついてないねん…)

清里萌木1

ランチはその近くの「ROBEN-SO」という店でパスタを食べた。
前菜のサラダがとても美味しく、薄切りのフランスパンも美味しかった♪
パスタは新鮮トマトとバジルを和えたもので、量が多くて大満足♪

お腹もいっぱいになって「萌木の村」を散策することに。
雨だけど、まぁまぁ観光客は来てたかな。
車を見ると大体、関東のナンバーが多かったが、大阪ナンバーもあってびっくり。電車が遅れまくりだったから、こういうところには車で来る方がいいのかなと思ったり。

雨で傘もボタボタ雫が落ちるので、可愛いお店に入るのは遠慮してしまった
外から写真撮ってばかり、ホントに残念な旅だ…

清里萌木2

中でもこのお店の外観は素晴らしかった。
ピンクのつる薔薇が屋根を覆っていて非常に可愛らしい
赤い花はなんていうのだろう?

清里萌木3

牧場なのかな?緑がとっても綺麗!
この近くに大豆のお店やソフトクリームのお店があったけど、満腹だったので何も食べなかった。
(後で小渕沢の待合室で食べたらメッチャ美味しかった。)

清里萌木4

オルゴール博物館も入らなかった。ちょっと疲れてきたのもあったかな。
その代わり、ここの横のお土産屋さんでは色々見た。
ラズベリーのジャムは既にホテルで買っていたし(ホテルの朝食で使用したもの。希少商品らしくて思わず買ってしまった。)、ワインは重いし、ハムとかは傷みそうだし…

ということで選んだのが、

清里土産

本物の桃みたいだけど、お饅頭。
中は白あんに角切りの桃ゼリー。
「はなまる」で紹介されたというのできっと美味しいだろうと思って買ったら、ホントに美味しい♪
他にも色々美味しいお土産を買った

最後にもうひとつ確認したかったのが、

清里ミルクポット

お土産屋さん、「MILK POT」。
ここで買った巾着袋、今もまだしっかり愛用してるんだよなぁ、ホントに懐かしいというか…
色が剥げているのがちょっと悲しい
もう塗り直さないのだろうか?
これ、清里の象徴だったよね?

もっとこの辺でゆっくりしたかったが、列車の時刻が近づいていたので清里駅へ戻る。

清里駅ホーム

霧に包まれて幻想的。
この奥から列車がやってきて映画みたいだった。

この塩尻までの列車も遅れまくりで、お弁当が買えなくて散々
中央本線、信州へ行く列車は遅れるリスクが高いと思っておいた方がいいかも

夏の駅弁の買い時は難しい。
早く買い過ぎたら傷むし、遅いと売り切れとかで買い損ねる。
この時は、名古屋で新幹線に乗り換える時に買えたのでホッとした

しかしまぁ…今回は列車の待ち時間が長く、乗ってる時間も長く、列車で疲れてしまった。
清里は大阪からだと遠く感じるわ。
でも、また来たい。
今度は2泊以上したいと思う。
そして今度こそ富士山を近くから見てみたいと思う。
(過去2回ダメ。今回で3回目

スポンサーサイト

PageTop