カムイの気持ち

「清盛」異例のてこいれ

今朝の新聞に載っていたが、
NHKの大河ドラマ、「平清盛」が低視聴率で苦心していて、第2部スタート後も映像を見易くするなどのてこいれを続けるらしい。

私も先週の放送を久々に観て、やっぱり画面が埃っぽくて汚いなぁと思った。
でも、話自体はそんなに悪くない。
直してほしいなぁと思ったのは、その画面の暗さ、汚さと(どうも黄砂を思い浮かべてしまって嫌になるのである。ホントに毎日毎日酷い黄砂で洗濯物が…)ナレーションと役者の台詞。

私も年をとったのか、役者の台詞がイマイチ聴きとり辛い。
平安時代の話でただでさえわかりにくいところがあるのに、若い役者さんの台詞が軽くて早くて何言ってるかわからないマツケンの声もカン高くてしうるさいし(その辺は、歌舞伎役者の人はやっぱり上手いわなぁ)
ナレーションも、頼朝役の若い役者で(岡田とか言う子だっけ?)なんかわかりにくい。
できれば、ナレーションが人物関係や時代考証的なことも同時に解説してくれるともっとわかりやすいかな。
あんまりやりすぎると、ドラマの流れが悪くなるかもしれないけど…

この間は常盤御前が出てきて、あ~この人は清盛にも寵愛されるんだなぁ…と二人の男に愛されてドロドロするドラマ好きな私としては、その辺、どんな風に脚色されるか楽しみである
山口敏太郎氏も情報番組で「視聴率上がってくるでしょう」って言っていたから、第2部はもうちょっとちゃんと観ようと思う。

しかし、最低視聴率が『花の乱』だったなんて…私、めっちゃ好きで欠かさず観てたけどな~。
音楽も脚本も素敵で、幽玄な感じで、
あれが視聴率悪かったとは、人気と質はイコールではないなぁとつくづく思ってしまう

スポンサーサイト

PageTop