カムイの気持ち

メトロポリス その2

映画を観た後、サントラを買おうか迷ったが、結局、TSUTAYAでレンタルしてしまった。
特にお気に入りはフレディ・マーキュリーのLOVE KILLS。

ところどころ、学芸会ぽいセットになったり、歌舞伎っぽくなるが、
それは「象徴」と捉えて脳内変換する。
例えば、暴動を起こす労働者=テロリスト、発電所=原発かマザーコンピューターのある基地、という風に。
脳と手を繋ぐのは「心」とマリアは言っているが、
現代社会はネットが仲立ちをしていて世の中を煽っていると、悪のマリアを見て思った。
オリジナルは3時間を越えるという。
私が読んだ物語の方に、片輪で車を走らすシーンがあったので、オリジナルにそのシーンがあったのではないだろうか。是非とも観てみたいものだ。
ヒットラーが政権をとる前に、この映画を観ていたく感激し、ラング監督に党の宣伝映画を作ってもらおうとするが、
察知した監督は何となくぼやかして上手く国外へ逃げる。
奥さんは、残ってナチス党員になったらしい。
この監督自身の人生がすごい。

この映画が私のライブラリーとなったのは、
1988年、よみうりTV開局30周年記念企画「Panasonic SFX 1988」(大阪城ホールにて開催)と同時に作られた企画、「ファンタスティック映画祭 二十夜伝説」の中の第17夜だった。
これは中々のラインナップで、
毎回、映画終了後、TM NETWORKのCHILDREN OF THE NEW CENTURYをバックに1カットずつ流れる。

*ホラー週間
第1夜「ファンハウス~惨劇の館~」(お化け屋敷のやつなら昔観た。面白怖かった)
第2夜「ローズマリー」(の赤ちゃん、じゃないのね?)
第3夜「魔女伝説・ヴィー」(これ、録画したかったぁ~
第4夜「魔鬼雨」(一度観たいけど、TSUTAYAにあるかな?)
第5夜「悪魔の受胎」(赤ちゃんがコワイ・・・
第6夜「悪魔の毒ヶモンスター」(これ観たことないけど、シリーズ化されてたね)

*日本特撮映画週間
第7夜「なんたってウルトラマン」
第8夜「ガス人間第1号」
第9夜「宇宙人東京に現る」
第10夜「大巨獣ガッパ」
第11夜「妖怪大戦争」(大好き
第12夜「妖星ゴラス」
第13夜「宇宙からのメッセージ」(真田さん、若い、可愛い

*SF&ファンタジー週間
第14夜「火星年代記」
第15夜「ミラクルマスター~七つの大冒険~」
第16夜「ローマ2072年 恐怖のグラディエーター」
第17夜「メトロポリス」
第18夜「禁断の惑星」
第19夜「THX-1138」
第20夜「ある日どこかで」

この後ろに私、「ファミリータイズ」入れてた♪
リバー・フェニックスが小学生くらいの頃のが映ってる

スポンサーサイト

PageTop