カムイの気持ち

時空を超えて

今期の毎週欠かさず観るドラマは『シグナル』のみですが、
気になる深夜アニメが加わりました。

それは、『シュタインズ・ゲート ゼロ』

これは、うちの相方が去年の暮れくらいから先月頭くらいまでかけてやっていたゲームでもあります。
いつもは大体1~2週間でラスボスやっつけるかエンディングまで到達して新しいゲームをやり始めるんですが、これは中々終わらなくて…3か月くらい?

私がTV観てるすぐ横で主人公らしき男の声で「ワ~ハハッハ!」とやってるもんだからうるさくて、いつも「音小さくして!」と注意してたんですが、
ソファーに座ってたらどうしても画面が目に入って、ついつい後ろから見てしまっていました

その絵が上手いのか下手なのかよくわからないけど特徴的で魅力あるし、
たくさん可愛い女の子出てくるし…
クリス
(ずっと眼鏡かけてると思ったら、目の形だったということをアニメ見て知りました)

ダル
(首太すぎ?たくましいのかと思ったら「スーパーハッカー」だと言うし…)

まゆしぃ
(最初、知的障害?と思ったんですが、気が付いたら私も「オカリ~ン♪」て真似してしまってました)

それにしても主人公がいつも怒鳴ってるし、言ってることが中二病みたいだな~と思って「中二病か!」って叫んだら、そういうキャラ設定だったみたいですね

ゲームって言ったって、ほとんど操作しないで画面見てるだけだし、変なの…と思って傍観してましたが、たくさん可愛い女の子が出てくるので、「誰とくっつくん?」てチャチャ入れたり♪

でも、ところどころ物理的な話が出てくるし、某掲示板で話題になっていたジョン・タイターも出てきてなんか気になる?
ああ時間ものか…というくらいの認識だったけど、
結局ラストは帽子をかぶった女の子と恋人同士になるという結末でした。
私は白衣の女の子の方とくっついたらいいのにな…と思ってましたけど。

相方の説明では、若い子に人気のあるゲームで映画にもなってるとか。
ふ~ん…とか思ってるぐらいだったんですが、
私がTVドラマの『シグナル』に夢中になって観ていたら一緒に観出して、「シュタゲやん!」と言って毎週一緒に観るようになりました。
確かに、『シグナル』もトランシーバーで未来から過去に情報を送って過去と未来を変えるというSF要素ありの刑事ドラマ。
『シュタゲ』は未来から過去にメールを送るらしいです。
でも、結局死ぬ人を救えないとかで…その辺りも同じなのかどうかはこれからのお楽しみです♪

『シグナル』は韓国のドラマがモデルだそうで話も大体同じだそうなのがちょっと残念
日本版は日本向けにかなり変えてほしいですね。
でも、テイストは私の好みなので今のところ楽しんでます

そしたら、『シュタゲ ゼロ』がアニメでオンエアされるのをたまたま知って…(関西ではローカルなチャンネルなので見逃していたかも)第2話から視聴しています。
こっちの方が理論的に色々しっかり設定されていそうで納得して観られそうかな?
時空超えものはタイムパラドックスやら無理なことがいっぱい生じて難しいんですよね
それをどうやって上手くドラマにしてくれるのか…♪

―そう言えば、
ホーキング博士が亡くなる前に書かれた未発表の論文が発見されたそうですね!
どういう内容なのか興味あります

時間旅行が可能になる時はくるのかしら…

スポンサーサイト

PageTop

『シグナル』は視聴者がプロファイラー?

1月から始まったドラマはTBSの『アンナチュラル』を毎週観ていましたが、
今期は関西テレビの火曜夜9時からのドラマ『シグナル』を一所懸命観ることになりそうです。

主役の坂口健太郎クンは顔が薄くてあんまり私の好みではないのだけど、
予告CM観てたら、なんか面白そうな感じがして…

私は時を隔てて同時進行を見せてくれるサスペンスが結構好きなんですよね♪
話があちこち飛んでややこしいんですが

過去に失踪した刑事とトランシーバーで交信しながら長期未解決事件を突き止めるという…これは面白そう…と思い、しっかり初回から録画準備して観ました。
案の定、リアルタイムで観た時は聞き逃したり見逃した部分が多くてよくわからなかったから、録画しておいて正解でした。
もう既に3回観てます。

最近の8chは世間には不評で、視聴率もイマイチ、
新聞に載ってる週刊視聴率ベスト20にも民放で一番ランクインが少ないほどです。
(なんでこんなにセンスのない局になっちゃったんだろうなぁ…)と、昔の全盛期が嘘に思えるくらいですが、
このドラマは久々に見ごたえがあります
テンポもいいし、映像も映画っぽいし、音楽もぴったり合ってる♪
主役はちょっとまだ力不足な感じはするけど、脇の吉瀬美智子や北村一輝は魅力的です。
トランシーバーで時空を超えて交信できるところがファンタジーですが、
そこをどうやって説明するのかも興味あるし♪
ちょっとホラーな雰囲気もお気に入りですね
(廃病院に忍び込むところはゲームの「サイレントヒル」っぽくてゾクゾクします

シグナル1-1

シグナル2

これは楽しみなドラマになりそう…と喜んでいたんですが、
主題歌が韓国のグループ、防弾少年団…て?
(ついつい「防弾チョッキ」と呼んでしまう
ところどころにハングルが目に入ったり…?
エンディングのクレジットで、
(あ、そうか!やっぱり原作が韓国のドラマだったのか!!)
…と、面食らってしまいました

え~っ…と思ったけど、ドラマ自体は面白いし、期待します
至るところに伏線はってたり、場面が飛んだりするので、
ながら見できるドラマではないですね。
主役がプロファイリングを勉強して深読みできる人なんですが、
視聴者も小道具や背景まで観察してプロファイリングが必要?
ま、わからなかくても最後に種明かししてくれると思いますが
ゲーム感覚で探りながら観るのが楽しいでしょうね♪

シグナル4

シグナル3
この、懐中電灯を持って穴を覗くシーン、私の漫画にもこれから出てくる予定なので、
構図を参考にすることができてラッキーなのだ



そのドラマつながりもあったのか、
翌日、元FBIのプロファイラーたちが過去の未解決事件を捜査する番組も観てしまいました。
加古川の小学生の女の子が玄関先で刺殺された事件で、
そういうのあったような気もしながら観ましたが、詳しく知ってあまりの腹立たしさに涙が出ました。
犯人を絶対に許さない!…と。
遺族にしたら悲しいことを思い出させるかもしれないけど、
こういう番組作ってどこかに紛れ込んで普通に生活している犯人を追い詰めるのは効果があると思います。
是非、もっと作って放映してほしいと思います!

京都精華大に通って漫画家になることを夢描いていた学生を殺した犯人を何とか追い詰めてほしいですね。
あの事件はホントに…なんで殺されなきゃいけなかったのか…許せません!
未解決な殺人事件はまだまだたくさんあると思いますが、
そんなことを思っていたら、
広島、廿日市の自宅で少女が刺殺された事件の犯人がが14年ぶりにつかまりました。

犯人逮捕に14年もかかってしまったけど、
遺族の方も少しは前向きになれるのでしょうか。
あんなに似顔絵そっくりなのにすぐにはつかまらなかったんですね
警察も大変だとは思いますが、
「?」と思う警察官もいますからね…

昔、車を泥棒してメチャクチャな運転であちこちぶつけた男が目の前にいて、
すぐに警察を呼んだけど、中々来なかったですもんね。
警察署は車で5分くらいの場所にあるのに。
勿論、逃げられました
補償は車を盗まれた会社が謝罪も込めてやってくれましたが…

あいつは結局つかまったんだろうか・・・・・・・?

PageTop

開会式見ました

オリンピックの聖火灯火をするのがキムヨナなのかを知りたくてチラ見してたんですが…

やっぱキムヨナでしたね!
日本だったら誰がするのかなぁ。夏だから真央ちゃんは違うかぁ。

…で、どんな演出するのかなぁと思ってたら、
「韓国の神話」と聞いて、時代劇ファンタジーを想像したんだけど、
思ってたのとは全然違って、朱雀やら中国を思わせるものが出てきてびっくりしました。

一番びっくりしたのは、みんなもそうだと思うけど、「人面鳥」です。
あれはろくろ首みたいでちょっと気持ち悪かったです。
私は諸星大二郎の漫画、『孔子暗黒伝』を思い出しました。
あれは不吉な鳥でしたが、韓国のは吉鳥なんですかね?
オモシロコワイので閉会式でもまた出てきてほしいです♪

今回の演出はパナソニックの日本人のエンジニアが協力しているそうなので、
リオの閉会式でやった東京オリンピックの演出と似てましたね。
なんで日本人が韓国の…と思ったけど、パナソニックは毎回五輪に協力してるし、
東京オリンピックの練習も兼ねて頑張ってるんでしょうかね。

なんかオリンピックの緊張感をあまり感じないのですが、
メダルを獲り出したら盛り上がってくるのかもしれませんね

PageTop

紅白の視聴率

もうひとつだったらしいですね。

私的には登美丘高校ダンス部が見れたので満足したんですが…

たぶん敗因は、ジャニーズとAKB一派を出し過ぎですね。
あんなの口パクじゃないですか
ダンス大変なのはわかりますが、一応歌手なんだし、歌合戦なんだし…。

それと、中継も多過ぎです
全員同じステージで歌わないんだったらもう参加しなくていいと思うんです。
福山雅治ももう毎年出てるんだからライブ早めに終わらせて渋谷に来ればいいのに…
『トットちゃん』の主題歌、黒柳さんの前で歌ってあげてほしかったです。

裏のTV東京の、演歌歌手がたくさん出ている番組が健闘したみたいということは、
やっぱり紅白ももっとちゃんとみんなが知ってる歌手を出さないといけないってことですね。
私ら若い時は演歌の良さとかあまりわからなかったけど、
今は八代亜紀とか好きですもん。
ホント、しみじみ、歌が上手いなぁと唸ってしまいます。もう声が楽器ですわ

来年はジャニーズ、AKB枠を減らして、昭和歌謡の集大成のような人たちをいっぱい出してほしいです。
平成の歌謡曲も出してもいいけど、あんまり知らないしなぁ…
なんせ、来年の5月には年号が変わるんですもんねー。

うわぁ…そう思うと平成に対してもちょっと切なくなるわ…

PageTop

ビジュアル系とは?

一昨日のテレビ朝日の深夜番組、『関ジャム』の‘ビジュアル系’特集は面白かったです♪

私は特にビジュアル系が好きってわけではないんですが、
ラルク・アン・シエルだけはめっちゃ好きなので、
もしかしたらラルクの話が聞けるかな…と淡い期待を抱いて録画予約して今朝観てみました。

…が、
やっぱり一言も触れてませんでした

ゲストが、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔とダイゴと他、ちょっと忘れましたが…
ダイゴはhydeと親しいのでちょっとくらい語ってくれるかなぁと思ったんですけどね。
ラルクはビジュアル系に括られるの嫌だっていいうのを聞いたことがあるので、
番組側が忖度して触れないことにしたんですかね。
昔、NHKの『ポップジャム』で司会の爆笑問題と色々ありましたもんね。

それはまあ残念でしたが、
色々懐かしい面々が見れて楽しかったです

私はビジュアル系の走りはバクチクだと思っていますが、
Xの方が先だったんですかね?よく知らないんですが…
私がビジュアル系を意識し始めたのは95年頃で、
派遣で仕事に行っていた会社の正社員の女の子がビジュアル系が好きでインディーズの追っかけとかもしてて、私がハードロック系の追っかけしてるのを知って仲良くしてくれたんです。

で、ルナシーも好きだったらしく、
私にPVがたくさん入ったビデオを貸してくれたんですけど…
私はビジュアル系はそんなに興味がないので観るのがちょっと辛かったです
頑張って全部観ました。
インディーズのCDも貸してくれたんですが、
詞の内容がダークで死や血の臭いのするもので、
「ビジュアル系ってこういう世界なんだ」…と理解しました。

丁度その頃メジャーの世界にもグレイやラルクが進出してきて私の偏見はなくなっていきました。
だって、よく聴いてみると意外とポップだったり、美しいメロディだったりして、
外見とは関係なくいい音楽はいいんだと思うようになりました。

最近は新しい音楽自体をあまり聴いていないんですが、
まだビジュアル系を引き継いでいる人たちはいるみたいですね。
ラップやブラックミュージックの方が主体の中で何とか頑張って残っていってほしいです


ルナシー自体はそんなに好きではないですが、この「gravity」という曲は大、大、大好きです
これが主題歌だった『アナザヘブン』も大好きなドラマでした
とってもいい曲だし、河村隆一の動きがちょっと面白いので観てみてください♪

PageTop