カムイの気持ち

ラジカセが捨てられない

ここのところ、動画作りに専念しています。
―というか、動画ソフトの無料体験版の期限が1ヶ月なので、
必死に期間中に機能を熟知しておきたいのでやらざるを得ないという状況でしょうか

今は動物の動画ばかりやっていますが、
そのうち自分のイラストを使ったアニメーションや
著作権ギリギリの昔の音楽番組のコラージュ動画等を作りたいと思っています。

それで、昔の音源を探しているうちに懐かしいものがいっぱい出てきました。

今の若い世代は生まれた時に既に録画するものが当たり前に家にあって羨ましいなぁと思います。
私が小さい時に家にあったのは、オープンリール式のテープデッキ。
これも当時持ってる人は余程音楽好きな人くらい?

うちの父は病気するまでは音楽学校に通ってローカルな場所で歌っていた歌手で、
オーディオマニアでもありました。
貧乏なのに大きな脚付きのステレオまでありましたから。
病気で歌手を諦めてからは自営だったのですが、頼まれて音楽編集をしてBGMを作ったり、
盆踊りにカラオケにして櫓の上で歌ったりしてました。
(こういう時はとても自慢の父親でした

私や姉や生まれたばかりの妹の泣き声なんかも録音していました。
父の死後はテープを扱う人がいなくなったので聴けなくなってしまったのですが、
姉妹の中ではメカに強い私が適当にいじって数本だけカセットテープにダビングしたのがあります。
それを昔PCでデータ化してCDに焼いたことがあって久々に聴いてみたら、
なんかちょっと速度が速いのか変な音声になってるのに気が付きました。

自分が5歳くらいの時に歌った歌謡曲に絵を付けて動画を作ろうと思ってたのに…
これが自分で言うのもなんですが、独唱なのに音程ブレてなくてメチャ上手いんです
子どもの頃は父のように歌手になりたかったから、流行りの歌をよく歌っていました。
自分で歌うなら著作権もOKかな~なんて思ってたんですが…

お金を出せばオープンデッキのテープからCDに焼いてもらえる業者がいると思いますが、
とりあえず自分がカセットテープにダビングした分だけでも自分でやりたいです。
他にも昔録音したラジオや音楽番組の音声だけのとかたくさんあるし。

先日、実家に遊びに行った時、母に「お父さんの声、聴きたくない?」って言ったら、
部屋の奥から小さなラジカセを持ち出してきました。
最近はずっとそれで娘時代の流行歌を聴いているそうです。
一緒に歌っている母はとても幸せそうです。

私はデータ化した父の声をCDに焼こうと考えていましたが、思い切ってカセットテープに録音することにしました。
…となると、PCの傍に録音機器を持ってこないといけない…
実は私は大きなWラジカセをPCの傍に置いてるんですが、悲しいことにカセットテープはヘッドが壊れてるのです、二つとも

隣の部屋のミニコンポだったらカセット使えるのですが、それを持ってくるにはこの大きなラジカセ(ミニコンポより大きい)をどかさないと置けません
もう捨ててしまえば…と思いますが、捨てれないです
見た目も綺麗だし、ヘッドを交換か修理することができる人ならまだまだ使えます。
スピーカーが重低音でスピーカーのみでも使いたい感じなので、きっと粗大ゴミに出したらその日のうちに誰かが持っていくと思います。
かと言って、リサイクルショップに持っていっても難癖付けられて買い叩かれるのが目に見えてます。
それが嫌なんです、悔しいです

自分で修理する余裕はないけど、
CD、ラジオが壊れるまではせめて所持していたいのですが、いかんせん、大き過ぎて置く場所に困ります
私は部屋に空間がなく詰め詰めの状態が嫌なんですが、とうとう棚を買いました。
本やDVDやゲームもあふれていたので相方は喜んでいます。
(彼はゲームを100本以上は持っていますが、なんで一つのゲームを一度やったきりで次々新しいのを買うのか理解できませんゲーム購入禁止令を出していますが、破られ続けています)

みなさん、昔買ったラジカセ、どうしてますか?
もう捨てましたか?
私は…捨てれません。
カセットテープも山のようにあります。
もうホント…私に断捨離は無理かもです

ラジカセ

スポンサーサイト

PageTop

渚園の想い出

やっと自作漫画のネーム打ちこみが一つ終わった
新作漫画の構想中にイラストサイト更新のつなぎのためにやり始めたけど、ページ数が多くて、しかも印刷用とWeb公開用と同時に作ってるので時間がかかった(まだサイト更新はしてないです
新作漫画の方は時間が開き過ぎて、未だに絵コンテが浮かばない…

そのPC作業中にずっと聴いていたのが、
サックス奏者の古村敏比古の初期のアルバムや浜田省吾の昔の音源。

丁度、24年前のこの位の暑い時期に静岡県浜名湖の傍の渚園で行われたイベント、
「SHOGO HAMADA AND THE FUSE -A PLACE IN THE SUN- AT:NAGISAEN」を思い出してしまった。

渚園チケット

チケットを見ると「C-6ブロック」とあるが、ステージ向かって右寄りの前から4つ目くらいのブロックだったように記憶している。当時のブロック分けの詳細があれば見てみたい。
比較的前の方だからラッキーだったと思うが、もっと後ろのブロックの人はちゃんと見えたのだろうか。

このブロック分けは、地方、或いはイベンターでブロックをもらっていたんだろうな。
だって同じブロックで、別れた彼氏と鉢合わせ!横には新しい彼女
こちらは、新しい彼と女友達の3人。少々気不味い感じで離れたところに場所を取ったが、
まぁ…浜省のライブに最初連れてってくれたのは彼だからしょうがない
そんな人、他にもいるだろうな。

それにしても、この渚園のライブは伝説と言っていいほど素晴らしいライブだった。
天気はすごく良くて、夕立の心配もなかった。
他のアーティストで、野外でよく雨に降られて、雷が鳴りまくったライブも知っているが、
最近の落雷被害のことを考えると、雷が鳴り出したら野外は危険なんだなぁと再認識。

確か、私たちが会場入りしたのは午後1時過ぎくらい。
軽食をとって、2時くらいに一度簡易トイレに行ったっきり、ライブが終了して夜12時にホテルに戻るまでトイレには行かなかった。
これってすごくない?それだけ汗で発散したということか…
(ちなみに、私は意地でも開演中にトイレ行かない派。1曲でも聴き逃したくないのだ。小の方は我慢し過ぎるとまた水分が身体を一巡するので身体には良くないが。)

野外ライブで感じたことだが、
昼間と夜間では音の聴こえ方が違った。夜の方が音が澄んで聴こえた。
昔、理科で習ったような気がするが…波長の問題かな?
なので、野外ライブは夜の方がいいのは当然なのだが、近隣に騒音被害もあるので、会場選びは難しいんだろうなぁ。ファンからしたら、「無料で聴けていいやん♪」みたいに思っちゃうが

あまりにもライブの音とステージが素晴らし過ぎて、その後に発売になった『FILMS』は物凄い期待したんだけど、どっちかと言うと今までのツアー集大成的なビデオで、この渚園の映像は少なかったのがとても残念だった。
『マイホームタウン』がはずされたのもショックだったけど、
あの超スケール大きなこのイベントの一番の目玉的な曲、『僕と彼女と終末に』もはずされてて…ショックだったなぁ。『丘の上の愛』と『DARKNESS IN THE HEART』は入っててよかったけど…

いつか、このイベントの完全バージョンを出して欲しい。
そしたら少々お高くても絶対に買うつもり。
それで、お客さんの声は消さないでほしい。
そんなこと思うのは私だけかな?
お客さんの声を消して機械に入った音だけの綺麗な音だとレコーディングスタジオで録った音みたいだし、映像と合わせて観ても音が浮いて聴こえる。
どんなにヴォーカルに被っても、お客さんの掛け声や一緒に歌う声はその場のリアルな音なのよね。
それ嫌う人もいるけど、私は好きだなぁ。
そのイベントの時も、私たちの傍でめっちゃ合いの手が上手いおにいちゃんがいて、楽しませてくれた♪
「やってくれるぜっ!」とか、「まだ若いよ~っ!」とか…周り爆笑してた♪
そういう声入りのバージョンと2種類販売してくれるんだったら、私は声入りだな

PageTop