カムイの気持ち

クルックス管の先から出ているものは!?

先日、やっと漫画をアップしたところですが、
実は描きながら、まだ表現を悩んでいるものがあるんです

―それは「クルックス管」。

クルックス管
(ネット上のをお借りしました

これって、見覚えありませんか?

確か…高校の物理の授業だったと思うんですが、
これに高圧電流をかけたらボヨヨ~ンと光って、その光線に磁石を近づけたら光線が曲がるという…

その実験を目の前でやってもらったか
教科書で写真を見ただけだったのかうろ覚えなのですが、
私は物理が一番苦手だったもんでして(一度、赤点取って補習受けたほど)、
未だに何がどうなってるのかよくわかっていないという…

それなのに…ラブクラフト原作の『忌み嫌われる家』に出てくるんですよ!
システムがよくわかってないのに、
これで得体の知れないモノと戦うシーンを描かないといけない…

こ…こんなもんでどうやってお化けと戦うんだ~!?
確かにガラス管の中には光線が走ってるけど、
ガラス管の先っちょから何か出てるの!?
…ってな感じです

まだ実戦のシーンまで描いていないので、今は考え中であります。

クルックス管2

そんなある日、何気なくTVを観ていたら…
タモリさんと山中伸弥教授がどこかの博物館を探訪してる番組だったんですが、
クルックス管が出てきたんです

途中から観たんですが、レントゲンがX線を発見する―という話を紹介しているところでした。
そう言えばネットで、
クルックス管を実験する時はX線が出るから教師は注意を…なんて記事を読んだ覚えがありました。

その話はホントだったんだ…!
(実際は実験で使用される電圧では健康被害が出るほどではないらしいです)

再現ドラマではクルックス管からX線がどんな風に出るのか雰囲気がわかりました。
ラヴクラフトが生きてる時代ではこれが最先端の科学だったから登場させたのかなぁ…くらいにしか思ってませんでしたが、ちゃんと理論的なものがあって登場させたのだとわかりました。
この頃はX線がどういうものかまだよくわからないものでしたでしょうから、
原子や電子、エーテルなどスピリチュアル的なものもひとまとめになっていたかもしれません。

―実際、よく知られていないがために、
レントゲンさんの助手は何度も被爆して、手はボロボロになってしまったそうです
あのエジソンさんも何度も実験して商品化を考えていたそうですが、そういうこともあって断念したとか…

しかし、そういった研究者の苦労のおかげで今の科学の発達があるということですね。
今はMRIが最先端になるのかな?
どこまで視ることができるようになるんでしょうかね。
そのうちサイコメトリーの技術も開発されたりなんかして…
そこまで行くとスピリチュアルとの壁もなくなりそうですね

とにかく私はガラス管の先っちょから何かが出ているイメージがある程度確定されたので大助かりです♪
NHK、ありがとう!…と思っちゃいました

その番組で訪れた、東京国立科学博物館の「人体」展、めっちゃ興味ありますね
特別展「人体―神秘への挑戦―」
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/info.html
2018年3月13日(火)~6月17日(日)

関西にはやってこないのかな?
なんか、20年ほど前に大人気だった「人体ふしぎ展」を思い出しますね♪
私は怖くて行けなかったですが…
今回のは本物の死体は出てこないから大丈夫でしょう

スポンサーサイト

PageTop

イラストサイトの更新しました

「忌み嫌われる家」第9話扉絵

私が運営しているイラストサイト、
「白羊宮~Aries~」http://hakuyoukyu.web.fc2.comで不定期連載中の
『忌み嫌われる家』(原作:ラヴクラフトの二次創作)の第9話、
‘闇に潜むもの’

―が、アップしました

いや…もう長かった…今回は…
段々大詰めに差し掛かって作画が大変な上に、いつもの倍のページ数、
そして今回から初めてスクリーントーン(背景や模様や効果の柄)を、
全てデジタルで貼り付ける覚悟だったので、それを勉強するのが大変でした

それと、普段の家事やら色んな用事やらがなんか知らんけど、私のやりたいことを阻むようにわんさかあって…
一番困ったのが、夜遅くまで机に向かっていられなかったことです。
歳のせいで12時過ぎると足がむくんで座ってられなくなるし、
キーボード打ち込んでると「うるさい!早く寝ろ」と、寝ている家人から避難ごうごうで止めざるを得ませんでした

そんなこんなで、
昨年は一度も作品をアップすることができませんでした
あ、PCが調子悪くなって買い替えたのと、
頻繫にwindowsがアップデートして使いにくくなったせいもあったなぁ(ソフトが対応しなくなって困ったわ

勿論、ネームは最後まで完成していて、
作画するのはあとたった2話!
早くラストまで描き上げてサイトにアップしたいのですが…そろそろまたバイトに行かないと生活もありますからね

まぁマイペースで描いていこうと思っておりますが、
この2,3か月は漫画に集中して片づけも後回しにしていたら、
ゴミ屋敷みたいになってきてヤバイです

ブログもいっぱい、いっぱい書きたいことあるのにほったらかしになってました。
イラストサイト更新も3日にしていたのに、やっと今日お知らせできる状態になりました。

―でも、とっても嬉しいことがありました

こんな更新もおろそかな私に、
嬉しい嬉しい漫画の感想コメントを寄せてくださった方がいらっしゃいました
もう、めっちゃ嬉しいです
反応がないと、誰も読んでいないんじゃないんだろうか…と思って弱気になるんですね。
なんせ、身内さえ誰一人読んでくれてないもんで…
(まだ描いてるの?…とか言われちゃう

もし面白いと思ってくださったなら是非是非!感想でも一言コメントでも、
このブログにでも、イラストサイトのコンタクトフォームでもなんでもいいのでお寄せください
も~めっちゃ元気になってやる気になって頑張って描きますので

本当にありがとうございました

PageTop

デジタルは難しい…

ペン入れした原稿をスキャンしてPCに取り込んだわけですが、
未だにトーンを貼れてなく苦しんでおります

前回仕上げた原稿もトーンはデジタルで貼り付けましたが、まだデジタルのことをわかっておらず適当に作ってました。
今回はちゃんと描画ソフトのマニュアルに則って作画しようと挑んだんですが…

もう、ちんぷんかんぷんです

マニュアルは本になっていなく自分でネット上のPDFや使い方講座で項目調べます。
字は小さいし、説明もある程度の知識ある人用なのでアホには中々理解できません

とりあえず印刷して、
何度も読み返したらわかるかな…と思ったんですが、
これがまた、たくさん用紙使う割に小さい字で1ページにちょっとしか内容ないし…
オバサンはむかついてきます

若い人はこれでパッと理解してるんだろうか…
私も中学生くらいの時にデジタルがあればなぁ…なんて
途中で吐き気もよおしてきて休んだりするので全然進みません。

それでわかったことは、
私が丸ペンでカリカリ描いた繊細な線は印刷では消えるということです。
適当に作って印刷してた時はグレースケールで出したので大丈夫だったのですが、
それだとカラー印刷みたいでインクたくさん出て用紙がゴワゴワになったんです。

やっぱ商業誌のようにモノクロ2階調で出さないとダメかな…と思ってそれで出したら、今度は細い線は真っ黒になるか、消えてなくなるか…という結果でした

ん~~、やっぱ調子に乗って細すぎる線描いちゃダメだな…と反省しました。
そう言えば、初めて自分の漫画が商業誌に載った時もあまりの汚さにびっくりしました。
印刷って、綺麗に出力するのは結構難しいんですね。

でも、もう描いてしまったものはしょうがないし、
今回は細い線は諦めて、印刷に適した作り方しようかな…と思ったら、
Webは逆に白黒ドットのあるトーンとかは縮小した時とか変な模様になりやすいんですってね
グレースケールでグレーで影を塗った方がいいとか…?
い…一体どの形式で作業すればいいんだ!?

色んな設定の組み合わせもあるみたいで、今「わけわかめ」状態になっております
こんなことなら全部アナログで仕上げて…とか思っちゃいますが、
ここで諦めたら新しい時代に置いていかれるような気もするし…

漫画描き仲間でデジタルに強い人が傍にいてくれればなぁ…って思う毎日です
それと、印刷屋さんのお友達も欲しいです

PageTop

『忌み嫌われる家』第9話の扉絵が完成

どうもお久しぶりです。
ぎっくり腰になった後、ひたすら大人しく描画ソフトで絵を描いていました。
描画ソフトは、しばらく触らないとすぐ忘れてしまって…時間かかりました
本編ほったらかして扉絵に1,2週間かかるなんてアホだわ…と思いながらも、
ソフトの練習も大事なので頑張りました

でも…

第9話扉絵

気持ち悪いでしょ!?

私も描いてて、「きも…」と思ったのですが、
ホラー漫画だし、
第9話の内容がこんなだし…しょうがないのよね

いつものように先にpixivにアップしましたが、
案の定、あんまり見てもらえていないです
前回、ちょいエロのイケメンの絵の内容の時はもうちょっと見てくれてる率高かったのですが…
まぁ扉絵ですからしょうがないです
自分的には江戸川乱歩や横溝正史の文庫本の装丁を見習った感じなのであります

ホントはもっと可愛い女の子やイケメンの絵が描きたい~
頑張って今の作品を早く完結させなければ


PageTop

「白羊宮~Aries~」の更新のお知らせ

やっと出来ました…
こ…こんなに時間がかかるとは…

「忌み嫌われる家」第8話扉絵

私のイラストサイト、「白羊宮~Aries~」 http://hakuyoukyu.web.fc2.com
トップページ、若しくは‘Comic’のページから入って読めるようにしてありますので、
よろしくお願いします

もうホント…ギリギリ!
明日からバイトで年末年始もずっと外出ないといけないから焦りました

ペン入れまでは秋口にはできてたんだけど、
今回はPCも新調したし、スクリーントーンもPCで貼ろう!習うより慣れろ!!
…ということで、頑張ってたんですが、
タイミング悪く、そのソフトもライセンス切れで新しくダウンロードして訳わからず
新しいPCもWindows10になって訳わからず…でホント、苦労しました

おとつい、あとセリフのテキストを貼り付ければもうちょっとで完成だ!…と思ったら、
なんと!今までのPCでデフォルトで入っていたフォントが入ってないじゃないですか~~
古いPCからひとつひとつ字面を確認してコピーして移し替えて…もうめんどくさかったこと!
普通の人はフォントの文字なんてどーでもいいでしょうが、
漫画やデザインやる人は「フォント命」ですもんね

おかげでバイト前日までかかってしまって…
バイト行くまでに大掃除やっときたかったのに~
たぶん、年明けまでなーんもできないような」気がする…
こんな状態で新年迎えるの嫌だなぁ

ブログ記事もいっぱい書きたいことあったのに(今書いてますがもっと深く)
画像編集しながら、ずっとYouTubeで北野誠とかの怖い話聴いてたんだけど
(怖いと眠くなくなるから)、
ちょこちょこ大阪城にまつわる話が出てきて、
丁度、最終回を迎える『真田丸』を一生懸命観ていた私はびっくりしたのです。
あのNHKのドラマは脚本が三谷幸喜なのでちょっと軽い戦国時代劇になっちゃったけど、
実際は血生臭くおどろおどろしいものなんですね。
それについては別の機会に深く書きたいと思いますが、
あの辺りは未だに落ち武者の霊が出たりするそうです。
それ繋がりで千日前のデパート火災の話も出てきたりなんかして、私も昔よくあの辺ブラブラしたからちょっと変な雰囲気を思い出したりして身震いしました(お向かいのホテルにきしっぽさんと泊まったこともあったな)。
千日堂って、大阪の陣で亡くなった人たちを弔うために徳川方が作ったお堂なんですってね。

だから、ドラマでももっと重々しくやってほしかったんだけどなぁ…
三谷さんが嫌いなのか、血生臭いシーンは一切カットだったような。
それにしても堺雅人の幸村は男前だったお父さんの草刈さんもよかった
幸村自刃の地が、いつも四天王寺から日本橋へ行く途中の坂道のところにある神社にあるなぁとは知ってたけど、今度通ったらちゃんと参りたいと思います

それにしても、豊臣方の淀と秀頼と側近の婆たちは腹が立つ
腹が立つから、ちゃんと自刃のシーンも見たかったのに…
この人たちがちゃんとしてたら今頃は大阪が首都だったかも…?

PageTop