カムイの気持ち

カメムシ大量発生は大雪の年?

またまたカメムシ話で申し訳ありませんが
よろしくお付き合いを・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝のワイドショーで、「短い秋からいきなり冬へ」みたいなニュースをやっていた。
その中で、
「カメムシが大量発生すると、その年は大雪になる」というのが出てきた。

実はうちのベランダには既に7匹ほど発生していて、カメムシコロリですべて仕留めている
まあ、山間に近いところなら「うちならもっと」と思うかもしれないが
うちは大阪・梅田から電車で6分、自転車なら30分ほどの近さ、ほぼ新大阪だ。
周りに田んぼはなく、大きな自然は団地が植えた桜の木と神社の神木くらい。

それにこんなにカメムシの来襲が増えたのは去年から。
最初の頃は小さな丸い茶色の「マルカメムシ」で、見つけてもパンパンとはたいて落とす程度だったが、今やってくるのは、
長さ2センチほどの黒というかヨモギ色で腹が白っぽい蛇腹がとっても気持ち悪い「クサギカメムシ」というヤツだ。
写真貼ろうと思ったけどそれすら嫌なくらい

確かに、母の実家の山形の家に行った時、縁側のところの窓枠にびっしり集まっていたのはこのタイプだったかも。
これを見ただけで私には田舎暮らしは無理だと思ったものだ。

それに近いことがこの周りにそんな自然のない大阪に起こるなんて…
やっぱり異常気象の前触れだろうか?
でも去年、大阪は大雪だったっけ?
その前の年は珍しく正月に大雪降ったのは覚えてるけど…

なんにしろベランダには来てもらいたくないやからである
昨日なんて洗濯物を干そうとベランダのサッシを開けたらなんか足元に黒いものがいるのが…
まさかと思い視線を下にやると…今にも部屋に入りそうなカメムシが
慌ててサッシを閉めてカムムシコロリを取りに行き、違う出口からベランダに出てヤツに噴射した
…瞬殺だった。
それでも不安なので必要以上に噴射して棒で隅っこに追いやった。
(いつかは死体回収するけど生き返るのが怖くてしばらくは放置。できれば自然分解されてほしい。)

一度に使う量が多いせいか、カメムシコロリの量が減ってきた
そろそろ次のを買っておかないと…と、その日の午後にコーナンへ買いに行くのだが、
な、な、なんと!カメムシコロリがない!!

蜂や蟻とかのコロリはあるのに…カメムシコロリだけがない!
こういうのは普通のスーパーとかには売ってないし…
店員さんに声掛けたら、やはり切らしてると
仕方ない…アマゾンで買うか
…と思ったら、取り寄せてくれるらしい。
一週間かかったら嫌だなと思ったが、とりあえず取り寄せといてもらった方が安心だ。
アマゾンで買ってもいいが、2千円以上じゃないと送料かかるしね。
しかも、さっき調べたらコーナンよりも高い

そんな感じで、とりあえず次の分は入手できそうなんで安心した
もうこれがなかったらカメムシ退治にゴキブリジェットを使うはめになる。あれは毒性あるからガーデニングダメにするからなぁ。
カメムシコロリはエタノール主成分で洗濯物にもかけても大丈夫だし、
他の虫にも効くらしいから♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

―みなさん、
今はカメムシ来ないところも
そのうち来るかもしれないので一本ストックしておくことをお勧めしたいです。
近くのホームセンターになければ、アマゾンでまとめ買いすれば安く済むと思います。

とりあえず貼っておきます。


スポンサーサイト

PageTop

昨日の今日のシンクロニシティ

昨日、楽天ポイントカードのことを記事に書いたら、
今朝、新聞に楽天市場のことが書いてあって「うわぉっ」って身体が飛び上がった。

産経新聞の経済面に「楽天市場『優良』に特典」という見出しで、
内容は・・・ネット通販モール「楽天市場」の優良出品者を優遇する制度を9月から導入する…というもの。
優良店に認定されると、検索結果が目立つように表示されるなどの特典を受けられる。
一方、期限切れ食品を販売するなど悪質な出店者には違約金を科す制度も同時に導入。
“アメとムチ”の両制度で、モール内の商品やサービスの向上を目指す。

―って……悪質出店者を追い出す気はないんかーーーーい

買う側としたら、
100%信用できる業者のいる店じゃないと嫌だ。
違約金とか…楽天が儲かるだけじゃないのかーーーーい

ま…何もしないよりは前向きなのだが

あまりにもすごいタイミングの記事だったので胸がドキドキしました
やっぱ評判よくないのね…登録しなくてよかった

トラブルあってもちゃんと保障してくれるか心配だし。
ポイントに引っ張られて買い物するのはやめよう。

PageTop

シンクロニシティ?

また間が開きましたが…

その間にイラスト制作やってました。
なんせ、いつ壊れてもおかしくないPC。
毎回起動はしているけど、ファンは物凄い音しっぱなし
動いてるうちにイラスト作ろう…と頑張ってました。
コンテストに応募出来たから、今度はやっと漫画制作に没頭できるわ

しかし、ファンの音うるさい…高周波音とノイズでどうにかなりそう
これってシャットダウン祭でスタートアップ修復が延々終わらないから強制電源オフしてからなったのよね…
それでついにリカバリしたけど…直らなかったということは、やっぱり物理的に問題あり?
システムの問題じゃなさそうだったので結局システムイメージの修復で戻りました。
リカバリしたばかりの時は…なんか、バック・トゥー・ザ・フューチャーしたような…とても懐かしい気分♪
うわ~こんなのあったんだ~、とか思いつつネットやってたら、
セキュリティーソフトの警報ランプついて怖くなってすぐ戻しました。

とりあえずイラスト制作優先でブログは放置してたのだけど、
その間に色々なことが…。

「これって私やん?」って思ったのが、ドラマの『相棒』。
普段観てないんだけど、タイトルがキューブリックの映画みたいだったので観てみたら、
PCを我が子のように愛する女性研究者が犯罪犯す話。
リカバリするのを極端に嫌がって…というところがタイミング的にに自分と重なって面白かった♪
最後、ネット空間に放逐するってなってたけど、『相棒』ってこんなSF的な脚本も書くんだ…とびっくりした。
右京さんと将棋さす時、違うリソースなので「別人格だと思った」と言われていたなぁ。
今のプログラミングでは一般的に3~7歳で、成熟するのが2050年とか言ってたような…その頃まで私は生きてないだろうな

シンクロニシティって自分が気にするから目に付くだけなのか、
物事って引き寄せや言霊が自然の摂理になっているのか…
その辺は取り方次第だけど、
私はブログや漫画で書きこんだことがよくニュースとなって目に飛び込んでくるのが不思議だわ。
今、ちょっと図書館の話題多いけど、自分も漫画で描くからものすごく調べたし。
移民の問題とかも漫画の原作にネックで出てくるので調べたし…
第7話のラスト、「フランス――」で終わってるもんね。
フランス…自分にとってはキーワードだったから驚いた。

第8話はちょっとえぐい内容になりそうなので心配している
いやまさか、次はシンクロニシティはありえないだろうと思うが、
移民問題は根が深い…というのは確かである。

―具体的に書き辛いので、抽象的なわけわからん記事になって申し訳ないです

PageTop

地獄の釜

私はずっと勘違いをしていた。

お盆は、地獄の釜の蓋が開いて死者の魂が行き来するから迎えたり送ったり、そして死亡事故やらが多いと思っていたら、
地獄の釜の蓋が開くほどその頃は鬼も悪人魂への呵責を休みから世間も休む…ということらしい。

子供の頃はその間は殺生をしてはいけないと聞いた。
なのに、トンボ獲りしててオニヤンマの首がもげて死なせてしまった時は、
「仏さんの乗り物なのにバチ当たるよ!」と大人にビビらせられたことを覚えている。
せっかくの夏休みなのに大人しくしてないといけないなんて…と思ったりもしたが、
…そう言われてみれば、
お盆の間に遊びに行ってる人に事故が多いことに気が付く。
やっぱ、お盆の間は先祖供養に努めて後はゆっくり休むのが正しい過ごし方なんだなぁと思っていた。

今年のお盆も色々と事故が多かったし、地獄の釜の蓋が開くと魔が出入りするんだろう。
気になるのは、桜島の火口の蓋だ。
今少し静かになっているのが実は圧力が高まっていて危険らしい。
上手いことガスが抜けてマグマも大人しくなるといいけど…

それと、高槻の事件。
あの寝屋川のロータリー、昔、ゲーセンサークルに通ってた時によく行ってたとこだが、
ああいうとこって屋根もあるし、少年少女が夜もしのぎやすいんだろうなぁ。
私も一度だけ終電逃してビルの建物の蔭で朝まで過ごしたことがある。

朝まで無事だったのに昼間に拉致されたなんて…死角が多いのか顔見知りの犯行か…?
ある雑誌で拉致場面をとらえた写真を見たことがあるが、周りには人がたくさんいたのに誰も気づいていない。
怖い…と思った。
あまりにも白昼堂々と素早い行動だと気が付かれないようだ。

そう考えると、昼間でも常に緊張して歩いていた方がいい。
スマホ歩きなんてもってのほか

早く犯人がつかまって、地獄の釜の蓋を開けて中に入れられてほしいわ

PageTop

レイキ

最近、宇宙のエネルギーや素粒子、脳、量子コンピューターなどにはまって、
そのことばかり考えるようになった。

きっかけは、今描いてる漫画の中でモンスターをやっつけるシーンがあるのだが、
どうやってやっつけようか、武器をどう描こうかわからなくて色々調べようと思った。

その調べる中で出てきたのが、
「真空のエネルギー」や「場の記憶」というキーワード。
幽霊とか実体があるのかわからないものもそういう媒体を利用して出現する云々…。
なるほど…量子学的なものは量子学的なもので対抗すればいいのか…と納得したのだが、やっぱり難しい

昔買った学研の『ムー』を引っ張り出して再度読み漁った。
そしたら…またまた気になるキーワードに「レイキ」の文字が。
レイキって…昔、某イベントに行った時に有料で受けたことがあるが…手かざしみたいなやつ?
手かざしがなんで量子学的なものと関係あるんだろう…と不思議だったが、
よく読んでみると、「レイキが身体の回路を開く」みたいなことが書いてある。
レイキを受けた人は以降、レイキを使えるようになるらしい。

―そう言えば、
私の植物を元気にするハンドパワー♪が開花したのもレイキを受けた後くらい。
レイキを面白半分に受けた時は、(あ…ちょっと暖かいかも…?)くらいにしか思っていなかったが、今思い返したらそうだとしか思えない。

…で、今度はレイキに関する記事を読み進めていったら、鈴木貫太郎の話に辿り着いた。
鈴木貫太郎?ついこの間、NHKで天皇陛下の玉音放送にまつわるストーリーで観たところだ!
陸軍の若い将校たちに囲まれて撃たれるところを奥さんが回想で語るというシーンでグッと引き込まれてしまったのだが、
とどめをささないように奥さんに懇願されてとどめはさされなかった鈴木貫太郎。
何発も撃たれながら奥さんに介抱されて命をとりとめたと知ってよかった…と番組を観ていた時は思ったが、
『ムー』の記事では、その時奥さんはレイキで止血、介抱した、みたいなことが書かれていた。勿論、撃たれてから動かなかったことや、病院が近くて云々…もあったが。
NHKの番組では知り得なかったことが細かく書かれていて驚いた。
何よりもこのタイミングで記事を見つけたことが自分的には一番の驚きだった。

今日からかな?映画『日本の一番長い日』が公開されるのは知っていたが、内容はよく知らなかった。
NHK『ヒストリア』で細かいことを知って観に行きたいと思ってしまった。
私の横でTVを観ていた相方は、「アホや!もっと早く決意していたら原爆落とされなくて済んだのに!」と怒っていたが、
私は一概に「アホ」とは言いたくない。
歴史の歯車って色々噛み合って、何がよかったかってその時にはわからないものなのだろう。
アメリカには嵌められた感はあるが。

…と、まあ私以外の人にはあまり興味のない話かもしれないのだが
シンクロニシティ頻発するのが量子学的に気になるのでちょっと書いてみた


PageTop