カムイの気持ち

「しくじり先生」を観た後の『銀河鉄道の夜』



 いきなりアマゾンの画像ですいません
ホントはもっと大きな画像を使いたかったんだけど仕方なく…

―えっと、
以前は大阪市立科学館で上映されたCGアーティストのKAGAYAさん版の『銀河鉄道の夜』について、当ブログで紹介させていただきましたが、
今回は猫の漫画で有名な漫画家、ますむらひろし原案の方をご紹介したいと思います。

…と言っても、私がこの作品を観たのはついこの間、動画サイトでなんです
実は未だに宮沢賢治の原作を読んでないんですよね!
そのうち読もうと思いながら…今度、古本屋に行ったら探さなくっちゃ

 なんでまた『銀河鉄道の夜』について書きたくなったかと言うと…
ちょっと前にTVの「しくじり先生」で話上手のお笑い芸人オリラジ・中田のあっちゃんがこの作品を解説してくれたからなんです。
彼の話を聞いて、今まで「?」と思っていたことがやっと解けて改めて、「賢治すごい」と思ったのです。

 「しくじり先生」では、銀河鉄道のイメージをよく現したものとして、KAGAYAさんのCG映像を紹介していました。

「銀河鉄道の夜」チラシ

これをプラネタリウムの全天映像で観た時は、あまりの美しさに自分も同乗しているかのような気分でした。
しかしこの作品では、原作のエピソードがピックアップされてどちらかと言うとイメージを味わう作品だったので、全体の話はちょっとよくわかりません。
私がこの作品を知ったのは随分昔にラジオ小説で途中から聴いたものでしたから、
カンパネルラが消えて、最後にジョバンニが彼が川に落ちて死んだと聞かされて悲しむところしか知らなかったのです。

―なので、
ちゃんと頭から知りたいと思い、動画サイトにあったこの猫に擬人化された『銀河鉄道の夜』を観たわけなんです。
ロードショー当時もこの作品のことは知っていたんですが、映画館までは観に行かなかったんです。
ますむらひろしの漫画も、月刊誌「マンガ少年」(この時は松本零士の『ミライザーバン』目当て)でちょこちょこ目にしてたから、きっと素敵なファンタジー作品になってるとは思いつつ…

それで、観た感想は…
猫ちゃんたちの眉毛がないのと彼らの言葉が少ないので、感情がわかりにくくて理解できない部分が結構ありました。
同じクラスの仲間にいじめられてるのにあんまり感情を出さないジョバンニ。
そんなジョバンニを見ても何も言わない昔の親友のカンパネルラ。
いじめられてる…と言っても、ジョバンニのお父さんの悪口の「らっこの上着」がなんで悪口なのかよくわかりませんでした。
そこは、「しくじり先生」であっちゃんが解説してくれたのでわかりました♪
「らっこの上着=密猟者」…ってことだったんですよね。

その他にも、
クラスの仲間が星まつりで浮かれてるのに、ジョバンニだけ印刷所で活版の文字を集めるアルバイトしてて…
子どもが印刷所で?…と不思議だったのですが、
当時は子供がそういう仕事をして家計を助けていたというのを番組で写真付きで解説してくれて納得しました。
それだけでもジョバンニはちょっと可哀想な状況の生活をしているのだなと想像できるのですが、家に帰ったら今度はお母さんが病気で、その上、配達されるべく牛乳も届いていない!
…なんて、ホント、あっちゃんの言う通り暗くなります
(ことごとく、ついていない時の自分と重なる…

村人が浮かれて星まつりに行く中、ジョバンニは牛乳屋さんへ行きますが、
そこでも、冷たく「明日配達するから今日はもうない」とあしらわれます…もう~なんやねん
ジョバンニは感情をあらわにすることなく、ただ一人草むらに寝転がるのですが…

そこに天から汽車が降り立つのです!
ここはちょっと「999」のイメージと重なりますが、「999」とは違って車掌さんはいないし、空も飛びません。
天の川も地上で流れ、それに沿い汽車は走ります。ジョバンニとカンパネルラを乗せて…

ここで、なんで突然カンパネルラが出てくるのか不思議です。
彼は学校の仲間たちと星まつりに行ってるはずなのですから。
学校ではジョバンニに語り掛けることはなかったのに、汽車の中ではずっと一緒だったかのようにジョバンニに優しく接します。
そして二人は北十字から南十字まで旅を続けます。

この、色々な駅に降りて変わった人たちに会うところは「999」みたいな感じで、
ずっとこのまま二人の旅が続いていくといいなぁー素敵だなーと、ファンタジーの世界に浸っていられるのですが、
途中、たくさんの乗客が乗ってくるところがあります。
その人たちは乗っている船が氷山にぶつかって…というくだりがあります。身体も濡れています。
その時は、(ああこの人たちは船の事故で死んだのかぁ)ぐらいにしか思っていなかったのですが、
「しくじり先生」では、この人たちはタイタニック号に乗っていた人たちだと言うのです。

ええ!?そんなこと初耳!!…と驚きました。

あの…レオ様が海の中に沈んでいったタイタニック…
宮沢賢治はこの世界的に知られた海難事故を新聞で読んで知っていたそうです。
そんな歴史的なことも織り込んでいたなんて…
余計にグッと来ました。

この人たちは南十字星の見える丘に「ハレルヤ!」と口々に叫びながら汽車を下りていきました。
カンパネルラは「お母様は僕を許してくれるだろうか…」とつぶやいています。
もうこの時点で、カンパネルラもこっちの世界の人じゃないとわかります。
「僕たちずっと一緒にいようね!」と、不安な気持ちでカンパネルラの方を振り向くともう彼の姿はありませんでした。

このラスト辺りしか知らなかったのですが、大体つながりました。
「しくじり先生」のあっちゃんの解説もあって、
銀河鉄道がこの世とあの世の間を走っている鉄道ということもわかりました。

ただわからなかったのが、
カンパネルラの死を知った彼の父親が案外冷静で、ジョバンニに「お父さんがもうすぐ帰ってくるよ」と教えてくれるのですが、
それが最後に何を示唆しているのかということ。
親友の死と父親が帰ってくる喜び。
ジョバンニは母の元へ走ります。泣いてはいませんでした。

これは人の死というものを悟って悲しみから立ち直り、
前を向いて生きていこうという表れなのかな…と思いました。

ひょっとしたら、
カンパネルラはジョバンニの手の届かない憧れの人で話すこともできなかったけど、
汽車の中ではずっとジョバンニに寄り添ってくれた。
あれはジョバンニの願望の現れだったのかもしれません。
そんな素敵な友人は現実世界で中々できるものではありません。
「ずっと一緒」というのは心の中にいてほしい、ということだと思います。
心の中にいる素敵な理想の友人。
それはつまりもう一人の完全な自分、ということなのかも…

「パーフェクト・ヒューマン」のあっちゃんが解説したのもなんか頷ける気がします


スポンサーサイト

PageTop

映画『ミスト』

最近、あんまり観たいと思う映画がなくて全然映画館にも行ってない。
でも、ツタヤから会員更新のお知らせ来て、
一本レンタルサービスということで無理やり借りてきたのがこの映画。



うちの近所のツタヤは物が揃っていなくて困る。
観たいのがない場合は取り寄せてもらったらいいらしいが、
もうそれ自体が面倒で諦めてしまう。
あるもので何かいいのを探したが、おススメのコーナーのところにこの映画を見つけた。

『ミスト』という映画の存在は知らなかったのだが、
ゲームの『サイレントヒル』にはまって、ゲームの掲示板を読んでたらこの映画が内容が似ている、と誰かが書いていた。
原作はスティーブン・キングだし、期待できそうだと思って借りたが…

うーん…一言で言うと、

早まるな~!!

…という映画でした

得体の知れない霧に町全体が包まれて、その中に潜んでいる怪物に襲われる人々。
スーパーマーケットに閉じ込められた客や従業員、軍人たちは最初は力を合わせて怪物と立ち向かっていたけど、
宗教で人を支配する女性が現れ意見のぶつかり合いなどで争いが起き、怪物ではなく人間に殺されてしまう人も…
もうこれは世界の縮図。
危機的状況に陥ると人はこんなに愚かになるのか…

それと、宗教の恐ろしさ。
宗教=支配だ。

冷静に行動しようとする主人公を応援する気持ちとは裏腹に、
結果は悉く悲惨に…

私、ホラーを鑑賞する理由の一つに、
危機的状況を回避する時のヒントを学ぶ…っていうのがあるんだけど、
この映画は全く!セオリーが生きてこない…悲しい…なんて裏切り方…
今までだったら「助かってよし!」な人ほどやられている。
反対に、やられがちな嫌なキャラクターが生き残る?
ラスボスになりそうな教祖様も案外早く殺されるし…ホント、今までの逆を行く筋運び。
さすが、フランク・ダラボン監督、『ショーシャンクの空に』も結構裏切られたよな…ラストは爽快だったけど

しかし、ラストの10分間はクチコミ通り鬱である。
「あともうちょっと待てよ…」と呆然としてしまった。
でも結構こういうのが現実なのかもである。

ラストは原作とは違ってオリジナルだそうだが、この突飛なラストにキングは喝采したそうだ。
監督が言いたかったのは、「最後まで諦めるな!」ということだろうと思うが、
化け物に食われるのは嫌だし、だったら自分で…とは思うよなぁ。
最初に店を出て行った女性がてっきり殺されてるだろうと思ったら、家に残っていた子供と共に軍に助けられているのを見て、ホント、世の中何が正解かわからないと思った。
セオリーなんてないと思って自分を信じて行動するしかないんだなぁ。
すごく勉強になりました

雰囲気はまさしく『サイレントヒル』。
怪物も似てた♪



PageTop

「サイレントヒル」から「ジェイコブス・ラダー」

ロールプレインゲゲームをしない私が「サイレントヒル」には惹かれた理由がわかった。

私自身が似たようなトラウマを心に抱いているからではなかろうか?

そう言えば、
今まで観た映画で心に残っているのはそういう映画が多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついに映画、『サイレントヒル』と『ジェイコブス・ラダー』を借りてきた。(あと1本、『ジェヴォーダンの獣』も♪)
今は旧作が100円で一週間借りれるようになったのが嬉しい♪
そりゃ、動画サイトで無料で観れるものが結構ある時代だものね…

サイレントヒル
思っていたよりもゲーム寄りで楽しめた♪
もしゲームを先に見て(私はプレイしない傍観者)なかったら、きっと怖くてしかたなかっただろうけど、
クリ―チャーが現れる度に、「あれだ!」と喜んで見てしまった♪
グロいシーンは怖かった…
でも、まだ耐えられる程度だったかな?

霧(大火災の灰)に覆われた町のビジュアルはグッドだった
裏の世界の金網や錆びた感じもゲームの通りで凄いなぁと感心した。
クリ―チャーも迫力あるし、ゲーム知らないただのホラー好きの人でも楽しめると思う。
ゲームと全く一緒ではないと思うが、
この映画の最大のキーになる人物、アレッサは『リング』の貞子みたいだと思った。
不思議な能力を持っているが故にいじめられる?
そして酷い目にあう…ところとか。
もう復讐がハンパではない…あ、『キャリー』もそうだ。

―しかし、ホント、カルト宗教は困ったヤツである。
うちの姉も新興宗教にはまってしまって、
教祖様が描いた下手糞な絵を何枚も家の壁に貼ったり、
私に本を読めと押しつけてきたり…姉妹仲良くしたいけどできない状態になってしまってる
嫌がっても強要してくるから母に注意してもらおうと思うが、母も別の宗教やってるのであまり強く言えないようだ。
何かにハマりやすいのは遺伝?

…てなことを思いながら映画の中の教祖様が復讐に燃えたヒロインにやられるのを小気味良く観てしまった。
ラスト、母親と娘は父親のいる家に戻ってくるが…
母親と娘の空間と父親の空間は別のようだった。同じ部屋なのに。
これは、母親と娘は死んだということなのかな?
死んではいないけど、裏の世界から戻ってこれなくなってしまったのか?
母親がサイレントヒルに入ろうとした時、車の事故を起こすが、その時既に死んでいたのか?
それだと、あの強くて頼もしい女ポリス、シビル姐さんも死んでいたのか?
ゲームのムービーでもそれと思わせるシーンがある。
「サイレントヒル」は死者の世界が現実世界に顕在するような場所に思える。
ゲームも映画も続きがあるので早く体験したいが…プレイヤーは今は違うゲームやってるからなぁ
よくまぁ似たようなゲームを次から次とやるもんだ

そして…ジェイコブス・ラダー
こういうB級ホラー的な映画は昔、大体「日曜洋画劇場」でやっていたように思う。
オカルト・ホラー映画好きだからてっきりお化け映画と思って観ていたんだが…
深い映画だったわ
最後にわかった。

「ジェイコブス・ラダー」とは、‘ジェイコブの梯子’或いは、‘階段’という意味だが、
この映画は旧約聖書の「ヤコブの梯子」の話から着想したそうだ。
聖ヤコブは夢かうつつかわからぬ中で、天と地をつなぐ梯子を天使が行き来するのを見たのだという。
それとこの映画の接点はその当時はよくわからなかったのだが、今回あらためて観て理解することが出来た。
ネタバレになってしまうが、
主人公はベトナム戦争の時点で既に死んでしまっている。
生きて帰還することはないので、戻ってきて郵便局で働いていること自体がもう現実ではない。
ベトナムへ行く前、ベトナムのキャンプ地で急襲され生死をさまよう瞬間、ベトナム戦争での後遺症に悩まされながらも恋人と幸せに暮らしているうちに幻覚が現れ米軍の幻覚剤使用を疑う帰還後の時間の3つの場面を行き来する。

共通する思いは最大のトラウマ、愛する息子を事故で死なせてしまったこと。
(この息子役のマコーレ・カルキン君の可愛かったこと…)
ところどころで現れる怪物が、罪を苛む思いと死への恐怖として主人公を襲ってくる。
その造形が「サイレントヒル」のクリ―チャーたちに確かに似ているのがわかった。
主人公がストレッチャーに乗せられて廃病院に連れて行かれるのだが、
そのシーンでは「サイレントヒル」でおなじみのあの恐ろしい鐘の音が鳴り響き、辺りには肉片が落ち、金網の上には化け物じみた者たちが乗っている。
…なるほど、「サイレントヒル」の世界だと思った。
あのゲームの主人公たちも色々トラウマを抱えているらしいからなぁ。

主人公に助言をしてくれる整形外科医の言葉―
「エッグハルトは言った。地獄で焼かれる者は人間の生とつながっている者だ。この世の思い出や愛着とかはすべて焼き尽くされる。」
「でも、罰するためではない。魂を自由にするためだ。」
「人が死ぬのを恐れて踏み止まっていると、悪魔は命を奪いにやってくる。だが、穏やかな心になっていれば、悪魔は天使となって地上から人を解き放つ。心の持ち方ひとつだ。だから心配ない。」

この言葉を悟ったのか、主人公はやっと死を受け入れて先に亡くなっていた息子ゲイブ(ガブリエル?)に手を取られて天国への階段を上っていった。
その瞬間、ベトナムのキャンプの医療ベッドの上に横たわる主人公は穏やかな笑みを浮かべて息を引き取る…

思わず涙があふれるラストシーンだが、
最後の字幕で、米軍が兵士に対してLSDの幻覚剤「BZ」を使用していたが認めてはいない…みたいなことが出てくる。
幻覚剤によって起こされた悪夢だったのか、
万人誰でも死に際に見てしまう夢なのか…とにかく、「夢オチ」なのである。
なんだ夢オチかぁ…と笑ってはいられない。
たった今も誰かの夢の中の出来事かもしれない。
私は朝目が覚めてマジでここがどこかわからない時がある。
そして、夢で見たことと過去の現実体験がごっちゃになることも。

結局、地獄は自分を罰する心が現しているものなのかぁと思うが、夢もそんなところがある。
先日、女友達にハブられるいや~な夢を見てしまったけど、それって自分が気にしてることなんだよね、きっと…
でも生ある限り人はみんな「とらわれの貧しい心」なのだから、
そうやってひとつひとつクリアしていったらゲームの「あがり」ってことなのかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
他に似た映画としては、
『惑星ソラリス』、『イベントホライゾン』がどこかのサイトに挙げられていたが、どっちも観てる私。
やっぱこういう系にはまりやすいのかな
はまりやすいから、やっぱゲームはやってはいけない人だと思った。
うちのゲーム好きな相方はカラッとしてるもんで、世界に入りこまず次から次へゲームをしている。
私は現実のゲームをまずしっかりプレイしないとね



PageTop

健さん…

ちょっと前なら、
「健ちゃん、健ちゃん」言ってた私ですが、
ギターの健ちゃんの方はフェンスの活動が休止してしまったらしいのでご無沙汰なままです。

今回は勿論、高倉健さんのお話です。

・・・・・・・・・・・・・・

TVで連日色々なエピソードが披露されてるけど…
そのお話の通りだったら、もうめっちゃ私の理想の男性ですわ
寡黙で優しくて気遣いと情があって…
身体もガッチリ鍛えてるし、とにかく目が綺麗(瞳を見れば大体わかる)

でも、映画はそんなに観てなかった。
しっかり観たのは、
『ブラックレイン』、『あなたへ』くらい。
『南極物語』はロードショーの時に物凄いヒットしたけど観なかったので、昨日観れてよかった。
なんか定番過ぎて観る気がしなかったのだ。
任侠映画は今もあんまり進んで観る気はしないんだけど、『ぽっぽや』や『駅 STATION』が観たくなってきた。
だんだん歳をとってきたせいか演歌も好きになってきて、特に八代亜紀の『舟唄』が好きで…この歌聴くと健さんが頭に思い浮かぶ。映画観てないのに…
是非、今度借りて来なければ…

でもきっと、ほとんどレンタル中なんだろうな

あ、あれも観たい!『野生の証明』。
『ブラックレイン』ももう一度観たい。
あの映画の中の大阪の街はホントに綺麗。あのウェット感はリドリー・スコット監督ならでは。
日本の俳優代表みたいな感じで健さんと松田優作が出てるし、好きな映画だ。

しかし、昨日の『南極物語』は…
犬好きな人には辛かったんじゃないかなー…
私も、犬が死ぬ度に「ゴロー!」、「アンコー!」…と其々の名前を大きな声で叫んでしまったわ

それと…渡瀬恒彦、昔から好きだけど、やっぱりタイプだわ

PageTop

「エヴァ」の映画は面白くない

先日、TV地上波で3週連続放映していた『エヴァンゲリオン』
やっぱりわからない

わかったら面白いかなぁと思って何回もトライするが、
途中で退屈して観るのをやめてしまったり、
最後まで観ても、わからなくて「ポカーン」だったり。

お金と時間があったらTV版のをレンタルしてじっくり観たらわかって面白いんだろうが…
昔、第1話から観ようとして挫折してしまった。
「死海文書」とか「終末思想」とか「天使と悪魔」とか、学研の『ムー』でおなじみだったから興味あるジャンルのはずなのになぁ。

主人公の男の子に魅力を感じないのと、
声優さんたちがボソボソ難しいこと喋ってるのが「何言ってるのかわからない」状態だったからだ。
特に、リツコさん!この人の台詞が何度聴いてもわからない。ちょっと仲間風な喋りで癖があるわ。
ミサトというキャラも好きになれないわ~。声がどうしても好きになれない
最後に放映した『Q』ではシンジへの態度も腹立ったし
美少年渚カヲルはホモっぽかったし…
一生懸命理解しようとして観ていたが、最後に「NEXT」…って出てきて、ガクッとなった

話は面白くないが、謎には惹かれる。
ネットでちょこちょこ調べたりするが、中々私のQに応えてくれている的を得たサイトに出会わない。
『ムー』で随分昔に解読してくれる記事があったので、それを引っ張り出して読んだらちょっとわかった。
さっきもYouTubeで親切に教えてくれる動画観たりしてた。

う~ん…これって、なんだかんだではまってるってことなのかな
とにかく、映画版を3作観てわかったのは、
庵野監督は、『宇宙戦艦ヤマト』『2001年宇宙の旅』ジブリが好きなんだなぁ…と。
それははっきりわかった。

エヴァが中々発進しないとことか、たくさんの墓標とか、なんか懐かしい感じがした♪
胎児や月の基地やモノリスは『2001年』だな。
「死海文書」や「ロンギヌスの槍」とか出すんだったら、キリストも出してほしいな…ひょっとしたらTV版では出てるのかな…み、観た方がいいのかな…(嵌められてるぞ

でもやっぱり私の中では『ヤマト』が一番のアニメだわ
今朝の『おはよう朝日』の芸能ニュースで、
ハリウッドだかどこかで『ヤマト』の実写映画を製作するって情報があった。
これの詳しい情報をゲットしたいんだけど…ホントだったらめちゃ楽しみ
どうか、キムタクの映画みたいになりませんように…あ、あれもそこそこ頑張ってたから嫌いじゃないけど
でも、ヤマトは大和魂なのに、アメリカナイズされちゃうのだろうか…それは嫌だなぁ。
数ヶ月前に新聞で、キューバで『ヤマト』が物凄い人気だというのを読んだ。
沖田艦長がカストロ議長に似てるからなんだって。
で、古代進はチェ・ゲバラらしい。
デスラー総統はアメリカを現わして…なんて路線の方が現実的で面白いかな~なんて思うが、制作はやっぱ無理だよな~っ

日本とキューバでは大当たりだと思うけど♪

PageTop