カムイの気持ち

ユーミン、いいね♪



ユーミンを嫌いな人はいないと思いますが…
やっぱ、荒井由実時代に作った作品は格別ですね

この動画で歌われている『瞳を閉じて』は「なんか聴いたことあるなぁ」くらいの認知度だったのですが、
このNHKのアーカイブを先月たまたま観て、惚れ直しました。

長崎県の奈留島と言う所にある高校の校歌を作ってほしいと頼まれて作ったけど…ってお話で、3度に渡ってロケが行われていて、
島の人たちの時の流れとかユーミンの作品を作る過程とかも覗けてとても感慨深い番組でした。
(島から送り出されるシーンとか、私の大好きなドラマ、『Nのために』を思い出させてそれもあるかもしれない)

ベストアルバムを出すのと、久々にツアーをやるということで、
今色んな番組に出てくれているのでチェックしています。
今日の晩もマツコの番組に出るけど、ドラマ『シグナル』と時間がかぶるからどちをリアルタイムで観ようか迷ってます

先日のNHKの「SONGS」で歌われた『Hello,my friend 』は超有名な曲で好きな人も多いと思いますが、
私は今まで適当に聴いていたので、
男の子が女友達に対する歌だと思ってたんですよね。
そしたら…もう亡くなった人に対する歌だったって、最近知ってびっくりです!
しかも、ユーミンが好きなアイルトン・セナに捧げる歌だったなんて…
深いですね…詞が

昔、ラジオで誰かが言ってたんだけど、
松本隆は絵を描くような作詞をするけど、ユーミンはストーリーを紡ぐ’
…なるほど、と思いましたね。
セシルの週末』なんて、最後、拍手を送りたくなります映画観てるみたい

私もお気に入りの曲、たくさんありますが、
特に好きなのは、
『ベルベットイースター』
『曇り空』
『ひこうき雲』
『真夏の夜の夢』
『時をかける少女』
作曲だと、『Womn~Wの悲劇より~』。これは、作詞が松本隆なので最高タッグですね♪

初期の頃の作品は姉がレコード持ってたのでやんわり聴いてて知ってるんでしょうね。
ちゃんと歌詞カード見ながらじっくり聴いてみたいなぁ。
久々にCD買ってみようかなぁ

スポンサーサイト

PageTop

『シグナル』は視聴者がプロファイラー?

1月から始まったドラマはTBSの『アンナチュラル』を毎週観ていましたが、
今期は関西テレビの火曜夜9時からのドラマ『シグナル』を一所懸命観ることになりそうです。

主役の坂口健太郎クンは顔が薄くてあんまり私の好みではないのだけど、
予告CM観てたら、なんか面白そうな感じがして…

私は時を隔てて同時進行を見せてくれるサスペンスが結構好きなんですよね♪
話があちこち飛んでややこしいんですが

過去に失踪した刑事とトランシーバーで交信しながら長期未解決事件を突き止めるという…これは面白そう…と思い、しっかり初回から録画準備して観ました。
案の定、リアルタイムで観た時は聞き逃したり見逃した部分が多くてよくわからなかったから、録画しておいて正解でした。
もう既に3回観てます。

最近の8chは世間には不評で、視聴率もイマイチ、
新聞に載ってる週刊視聴率ベスト20にも民放で一番ランクインが少ないほどです。
(なんでこんなにセンスのない局になっちゃったんだろうなぁ…)と、昔の全盛期が嘘に思えるくらいですが、
このドラマは久々に見ごたえがあります
テンポもいいし、映像も映画っぽいし、音楽もぴったり合ってる♪
主役はちょっとまだ力不足な感じはするけど、脇の吉瀬美智子や北村一輝は魅力的です。
トランシーバーで時空を超えて交信できるところがファンタジーですが、
そこをどうやって説明するのかも興味あるし♪
ちょっとホラーな雰囲気もお気に入りですね
(廃病院に忍び込むところはゲームの「サイレントヒル」っぽくてゾクゾクします

シグナル1-1

シグナル2

これは楽しみなドラマになりそう…と喜んでいたんですが、
主題歌が韓国のグループ、防弾少年団…て?
(ついつい「防弾チョッキ」と呼んでしまう
ところどころにハングルが目に入ったり…?
エンディングのクレジットで、
(あ、そうか!やっぱり原作が韓国のドラマだったのか!!)
…と、面食らってしまいました

え~っ…と思ったけど、ドラマ自体は面白いし、期待します
至るところに伏線はってたり、場面が飛んだりするので、
ながら見できるドラマではないですね。
主役がプロファイリングを勉強して深読みできる人なんですが、
視聴者も小道具や背景まで観察してプロファイリングが必要?
ま、わからなかくても最後に種明かししてくれると思いますが
ゲーム感覚で探りながら観るのが楽しいでしょうね♪

シグナル4

シグナル3
この、懐中電灯を持って穴を覗くシーン、私の漫画にもこれから出てくる予定なので、
構図を参考にすることができてラッキーなのだ



そのドラマつながりもあったのか、
翌日、元FBIのプロファイラーたちが過去の未解決事件を捜査する番組も観てしまいました。
加古川の小学生の女の子が玄関先で刺殺された事件で、
そういうのあったような気もしながら観ましたが、詳しく知ってあまりの腹立たしさに涙が出ました。
犯人を絶対に許さない!…と。
遺族にしたら悲しいことを思い出させるかもしれないけど、
こういう番組作ってどこかに紛れ込んで普通に生活している犯人を追い詰めるのは効果があると思います。
是非、もっと作って放映してほしいと思います!

京都精華大に通って漫画家になることを夢描いていた学生を殺した犯人を何とか追い詰めてほしいですね。
あの事件はホントに…なんで殺されなきゃいけなかったのか…許せません!
未解決な殺人事件はまだまだたくさんあると思いますが、
そんなことを思っていたら、
広島、廿日市の自宅で少女が刺殺された事件の犯人がが14年ぶりにつかまりました。

犯人逮捕に14年もかかってしまったけど、
遺族の方も少しは前向きになれるのでしょうか。
あんなに似顔絵そっくりなのにすぐにはつかまらなかったんですね
警察も大変だとは思いますが、
「?」と思う警察官もいますからね…

昔、車を泥棒してメチャクチャな運転であちこちぶつけた男が目の前にいて、
すぐに警察を呼んだけど、中々来なかったですもんね。
警察署は車で5分くらいの場所にあるのに。
勿論、逃げられました
補償は車を盗まれた会社が謝罪も込めてやってくれましたが…

あいつは結局つかまったんだろうか・・・・・・・?

PageTop

クルックス管の先から出ているものは!?

先日、やっと漫画をアップしたところですが、
実は描きながら、まだ表現を悩んでいるものがあるんです

―それは「クルックス管」。

クルックス管
(ネット上のをお借りしました

これって、見覚えありませんか?

確か…高校の物理の授業だったと思うんですが、
これに高圧電流をかけたらボヨヨ~ンと光って、その光線に磁石を近づけたら光線が曲がるという…

その実験を目の前でやってもらったか
教科書で写真を見ただけだったのかうろ覚えなのですが、
私は物理が一番苦手だったもんでして(一度、赤点取って補習受けたほど)、
未だに何がどうなってるのかよくわかっていないという…

それなのに…ラブクラフト原作の『忌み嫌われる家』に出てくるんですよ!
システムがよくわかってないのに、
これで得体の知れないモノと戦うシーンを描かないといけない…

こ…こんなもんでどうやってお化けと戦うんだ~!?
確かにガラス管の中には光線が走ってるけど、
ガラス管の先っちょから何か出てるの!?
…ってな感じです

まだ実戦のシーンまで描いていないので、今は考え中であります。

クルックス管2

そんなある日、何気なくTVを観ていたら…
タモリさんと山中伸弥教授がどこかの博物館を探訪してる番組だったんですが、
クルックス管が出てきたんです

途中から観たんですが、レントゲンがX線を発見する―という話を紹介しているところでした。
そう言えばネットで、
クルックス管を実験する時はX線が出るから教師は注意を…なんて記事を読んだ覚えがありました。

その話はホントだったんだ…!
(実際は実験で使用される電圧では健康被害が出るほどではないらしいです)

再現ドラマではクルックス管からX線がどんな風に出るのか雰囲気がわかりました。
ラヴクラフトが生きてる時代ではこれが最先端の科学だったから登場させたのかなぁ…くらいにしか思ってませんでしたが、ちゃんと理論的なものがあって登場させたのだとわかりました。
この頃はX線がどういうものかまだよくわからないものでしたでしょうから、
原子や電子、エーテルなどスピリチュアル的なものもひとまとめになっていたかもしれません。

―実際、よく知られていないがために、
レントゲンさんの助手は何度も被爆して、手はボロボロになってしまったそうです
あのエジソンさんも何度も実験して商品化を考えていたそうですが、そういうこともあって断念したとか…

しかし、そういった研究者の苦労のおかげで今の科学の発達があるということですね。
今はMRIが最先端になるのかな?
どこまで視ることができるようになるんでしょうかね。
そのうちサイコメトリーの技術も開発されたりなんかして…
そこまで行くとスピリチュアルとの壁もなくなりそうですね

とにかく私はガラス管の先っちょから何かが出ているイメージがある程度確定されたので大助かりです♪
NHK、ありがとう!…と思っちゃいました

その番組で訪れた、東京国立科学博物館の「人体」展、めっちゃ興味ありますね
特別展「人体―神秘への挑戦―」
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/info.html
2018年3月13日(火)~6月17日(日)

関西にはやってこないのかな?
なんか、20年ほど前に大人気だった「人体ふしぎ展」を思い出しますね♪
私は怖くて行けなかったですが…
今回のは本物の死体は出てこないから大丈夫でしょう

PageTop

イラストサイトの更新しました

「忌み嫌われる家」第9話扉絵

私が運営しているイラストサイト、
「白羊宮~Aries~」http://hakuyoukyu.web.fc2.comで不定期連載中の
『忌み嫌われる家』(原作:ラヴクラフトの二次創作)の第9話、
‘闇に潜むもの’

―が、アップしました

いや…もう長かった…今回は…
段々大詰めに差し掛かって作画が大変な上に、いつもの倍のページ数、
そして今回から初めてスクリーントーン(背景や模様や効果の柄)を、
全てデジタルで貼り付ける覚悟だったので、それを勉強するのが大変でした

それと、普段の家事やら色んな用事やらがなんか知らんけど、私のやりたいことを阻むようにわんさかあって…
一番困ったのが、夜遅くまで机に向かっていられなかったことです。
歳のせいで12時過ぎると足がむくんで座ってられなくなるし、
キーボード打ち込んでると「うるさい!早く寝ろ」と、寝ている家人から避難ごうごうで止めざるを得ませんでした

そんなこんなで、
昨年は一度も作品をアップすることができませんでした
あ、PCが調子悪くなって買い替えたのと、
頻繫にwindowsがアップデートして使いにくくなったせいもあったなぁ(ソフトが対応しなくなって困ったわ

勿論、ネームは最後まで完成していて、
作画するのはあとたった2話!
早くラストまで描き上げてサイトにアップしたいのですが…そろそろまたバイトに行かないと生活もありますからね

まぁマイペースで描いていこうと思っておりますが、
この2,3か月は漫画に集中して片づけも後回しにしていたら、
ゴミ屋敷みたいになってきてヤバイです

ブログもいっぱい、いっぱい書きたいことあるのにほったらかしになってました。
イラストサイト更新も3日にしていたのに、やっと今日お知らせできる状態になりました。

―でも、とっても嬉しいことがありました

こんな更新もおろそかな私に、
嬉しい嬉しい漫画の感想コメントを寄せてくださった方がいらっしゃいました
もう、めっちゃ嬉しいです
反応がないと、誰も読んでいないんじゃないんだろうか…と思って弱気になるんですね。
なんせ、身内さえ誰一人読んでくれてないもんで…
(まだ描いてるの?…とか言われちゃう

もし面白いと思ってくださったなら是非是非!感想でも一言コメントでも、
このブログにでも、イラストサイトのコンタクトフォームでもなんでもいいのでお寄せください
も~めっちゃ元気になってやる気になって頑張って描きますので

本当にありがとうございました

PageTop

ブロッコリーのその後

ブロッコリーがいつの日かこんもりしてくるのをずっと待っていた私ですが…

いつまでたってもこんもりしないことに気が付きました。

ブロッコリー201803291

私は、ポットで育ててるし、
肥料が少ないからかな~と思っていたんですが、

ある日謎が解けました。

とあるデパートの野菜売り場に行ったら、
これによく似たのがあったんですよね

その名は「茎ブロッコリー」

別名、「ブロッコリースティックセニョール」

ブロッコリー201803292

き…きっとそうに違いない!

茎が異様に長いし、花蕾もブヨブヨしてるし…普通のブロッコリーとはちょっと違う

そうか、これが完成形なのか…と思ったら、
もう一気に食べ始めましたよ

一度にたくさん収穫できないので、お昼に食べる塩ラーメンに少しだけトッピングして食べてます。
柔らかくて美味しいです!

この品種は最近海外から輸入されたらしいですね。
まさか、あのブロッコリースプラウトがこれになるとは…面白いです♪

これからどんどん食糧難の時代になっていくだろうから、
なるべく自給自足できるようにしといた方がいいかもですね

PageTop